スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
光則寺。
光則寺です。

長谷寺に向かって右側の奥まった谷戸にひっそりと佇む緑濃きお寺です。

鎌倉の花の寺は東の瑞泉寺、西の光則寺

といわれるほど四季折々に花が咲くお寺として有名なお寺です。

この光則寺へも前々から行こう行こうと思い続けておりましたが、何故かなかなか機会がありませんでしで、今回初めての訪問となりました。



FH000014.jpg

more…
スポンサーサイト
【2007/05/20 17:59】 お寺さん。 | トラックバック(1) | コメント(5) |
MANORA。
FH000028_1.jpg




4月も半ばを過ぎてしまいました。
みなさまいかがお過ごしでしょうか?

先週、先々週あたりは冬に逆戻りしたような寒い日が続いて、我が家でも一旦片付けたストーブを再び引っ張り出してきてしまいました。


さて、今回ご紹介するのは久しぶりにカフェです。
MANORA(マノーラ)というアジアンカフェです。

このお店、しばらく前から気になっていたのですが場所をしっかり認識していなかったために今まで行き着けずにおりました。しかし、今回はしっかり場所も雑誌などで確認してやっとたどり着くことができました。

と言ってもそんなにわかりにくい場所にあるわけじゃありません。
江ノ電の長谷駅で電車を降りて、大仏様へと歩いていく途中にあるのです。
ただ、お店は二階にありますから、上の写真の看板を見つけてくださいね。


more…
【2007/04/22 20:46】 カフェ。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
化粧坂切通し。
化粧坂切通しです。
けわいざか、と読みます。

鎌倉駅から海蔵寺へ向かう道のりの途中の、海蔵寺の少し手前に「化粧坂」の道しるべが現れます。この化粧坂を上ればその上には「源氏山公園」が広がっています。
この化粧坂切通しも鎌倉七切通しの一つで、武蔵方面から鎌倉へ入るための主要なルート、且つ鎌倉へ攻め込んでくる敵に対しての重要な防御のポイントだったようです。

ガイドブックなどで見かける化粧坂の写真というのはどれも山深い場所にある岩がごつごつしていてよじ登らなければならないような急勾配にしか見えなかったので今までずっと敬遠していたのですが、先日なんとなく源氏山公園まで散歩した際に今まで通ったことのないルートで帰ろうということになりまして、突然の化粧坂デビューと相成りました。




DSC_0015.jpg





こちらが源氏山公園側からの化粧坂入り口です。
このなだらかな坂道はつかの間、あの有名なごつごつの坂道がこの先に続いているのです。

そして、切通し入口辺りの道端に山鳩が一羽いるのが見えますでしょうか?
more…
【2007/04/01 20:38】 ハイキングコース。 | トラックバック(0) | コメント(3) |
権五郎力餅。
今回は久しぶりのおみやげシリーズです。

前回ご紹介した御霊神社の参道入口にありますその名も「力餅家」。
そちらの名物、「権五郎力餅」です。



FH000015.jpg




まずはお店の佇まいがとっても風情があるのです。そのまま時代劇に登場しそうな佇まいです。それなのに写真を撮ってくるのを忘れてしまいました。残念。。

ガラスの引き戸をガラガラと開けて店内へ。
明るい日中だったにもかかわらず店内に入れば薄暗く、土間に置かれたガラスケースの中にはきちんと並べられた箱菓子たち。懐かしく、でもしんとしたお店の雰囲気になんだか背中をしゃんと伸ばして選ばなければならない気分です。

そのケースの目立つ場所に並べられていたのがこの「権五郎力餅」です。
真っ白でもちもちの求肥を暗い紫色をしたこしあんでくるんだ一口サイズの餅菓子です。
ちょっと伊勢の名物「○福」にも似ています。

お茶請けにぴったりの大きさとなつかしい甘さ。
一個から購入可能ですので、おひとりさまのお試しも可能ですよ。
もっともワタシの場合、一つじゃとっても満足できませんでしたが・・・。

力餅を手に再びガラスの引き戸をガラガラと開け閉めして外に出れば、左手奥には御霊神社の鳥居が見えます。御霊神社へお参りされた際にはこの力餅家さんへも立ち寄ってお参りの風情を楽しんでみてください。


FH000016.jpg

【2007/03/18 21:41】 おみや。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
御霊神社。
御霊神社です。「ごりょうじんじゃ」と読みます。

江ノ電長谷駅と極楽寺駅のちょうど真ん中あたり、長谷寺の駐車場の脇道にそって路地を歩いていくとひょっこりとたどり着けるこじんまりとした神社です。

でも江ノ電に乗ったことがあれば、長谷駅と極楽寺の間でこの神社は必ず目にしたことがあるはずです。

なぜならそれは、





20070304181606.jpg




鳥居をかすめるようにして江ノ電が走り抜ける場所なのです!
more…
【2007/03/04 21:09】 お宮さん。 | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム | 次ページ

calendar

05 | 2017/06 | 07
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

links

search

template by amycco.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。